HOSJAS企画合同会社

HOSJASの19さん推薦自己啓発本の紹介

HOSJAS
  • 学生・先生・父兄の皆様😋
    管理職・経営者の皆様🍀 社会人の皆様💝

    今より高い能力、今より優れた精神力、今より充実した生き方…
    成長を目指し、その実現に向けて挑戦しているあなたの参考書
    自分は何をしたいのか?どうすれば変えることができるのか?…
    あなたの悩み解決に、ヒントを与え、いい方向に導いてくれる‼

    単なる評論ではなくて、著者が実践で習得した知見とノウハウで、サポートします

    • 方円の器Ⅱ 生きるって素晴らしい

      【著者】友道健氏 【編者】佐藤弘 【発行所】不知火書房

      方円の器とは、方(四角)と円の形をした手洗いの水を入れておく鉢のこと。「水は立ちどころに姿を変える。人もそれと同じで、入れる器(環境や教育、上司や交友等)によって、よくも悪くもなるものだ。学校が、無限の可能性を秘めた若者たちを導く最適の器になるように、広島県福山市の学校教育の最前線で、悩める生徒や親たちに寄り添い、精魂込めて励まし続けてこられた広島県福山市の元校長がつづる涙と笑いの実践記録
      57歳で血液のガンを患い、入院を余儀なくされた後も、闘病生活を落語に仕立てて発表するなど、病室から送ったエールは生徒や教師たちの心を動かし、さまざまな奇跡を起こします。後に続く教師はもちろん、子育て世代、これから社会に飛び出そうとする若者たち、病と闘っておられる皆さんたちに、生きる希望を届けてくれることでしょう。(編者:佐藤弘)

      19さんの読後感想
      もっと早くこの本に出会っていたら…。今からでも遅くはないと何度も読み返しています。この本は、人としての生き方を教え、人を育てる人生の指南書です。教職に携わる先生方、経営者や部下を指導する管理職の皆さんに、人材育成のバイブルとしておススメしたい実践書です。「大丈夫!心配するな。何とかなる」「わかることは、かわること」「勇気とは、静かなること」。心底から感動と感銘を受けた友道先生の教えです。(2021.7.1)
      方円の器Ⅱ 生きるって素晴らしい

      【定価】1,760円(税込)+送料
      ※2冊以上購入の場合は送料無料

      ご購入はこちら
    • 必ず上達 自家歯牙移植・再植

      【著者】平井友成 【発行人】北峰康充 【発行所】クインテッセンス出版㈱ 

      天然歯を活用し、保存するための治療テクニックを満載した実践マニュアル。著者が、開業以来22年間実践してきた「確かな治療技術で良い結果が出るような診療」の研究成果をまとめた歯科医・専門医・指導医を志す人に必携の専門書。
       「自家歯牙移植」と「再植」の2つのパートに分け、解剖の基礎から診査・診断、適応症の選択、治療の実際と予後に至るまでを、30症例に及ぶ臨床例とイラストでわかりやすく解説。大臼歯の抜歯窩、無歯顎部、小臼歯部への移植、意図的再植や歯根破折などについても、各治療ステップで生じた疑問点はその都度解決できるようにQ&A形式で丁寧・的確に説明。更に、4本の動画でより詳細な術式も習得でき、その治療に使用するおススメの器具も紹介しています。

      19さんが知る著者の活動紹介
      著者の平井友成先生は医療法人平井歯科クリニックの院長で、歯科医、歯周病専門医・指導医、インプラント専門医として患者さんにやさしく寄り添い、できるだけ自分の歯を残すことを心掛けた丁寧な診療で患者さんの信頼を得ておられます。また、診療の傍ら、学会での研究発表、各大学・九州のスタディーグループ「JUC」・各地区歯科医師会の研修会での講演など精力的に活躍され、後進の指導や歯科治療の発展に一生懸命に取り組んでおられます。文部科学省の推奨する大学教育改革GPの優れた取り組みとしても注目されている歯科学会のホープで、先生の律儀で真面目なお人柄と研究熱心で直向きな努力にいつも感心させられています。(2021.7.1)
      平井先生について詳しくお知りになりたい方は⇒平井歯科クリニック
      必ず上達 自家歯牙移植・再植

      【定価】7,480円(税込)+送料
      ※2冊以上購入の場合は送料無料

      ご購入はこちら
    • 八十年 わが人生 茶商一筋まっしぐら

      【著者】木屋 宏 【発行人】木屋 宏 【印刷所】株式会社東兄弟

      終戦後に郷里の星野村に引き揚げて小さなお茶さんを営んでいた木屋家の厳しい家計を手助けしようと、著者は高校進学を断念し、家を離れ北九州の茶商に弟子入り。しかし、修行半ばの19歳の時に父が体調を崩し急きょ星野村に帰り家業を継承。年商1億を突破した昭和38年、父の病気回復祝いの意味も込めて「株式会社木屋芳友園」として大きく羽ばたく。以来、「いいお茶は、口に含んだ時には渋みが出ても、喉を通った後、うまみに変わる」との父から教えられた「いいお茶」を追求しながら、全国の消費者に「星野ブランドの玉露・煎茶」の数々を届け続けている。
      本書は、その木屋芳友園の二代目社長の悪戦苦闘・茶道一筋の喜怒哀楽の人生が語られている。茶葉の量やお湯の温度、湯さましかげんで一味違う「おいしいお茶の入れ方、いただき方」から、伝統に新しさを採り入れながら、親⇒子へと脈々と引継がれていく「伝統と文化」「家族の絆」まで、飾り気のない素朴な文章で、故郷とともに生きる著者の想いと熱意が伝わってくる。

      19さんの読後感想
      福岡県の山あいの星野村には美しい日本の風景と美しい日本の心が残っています。36歳の時、地方銀行の本部勤務から初めて営業現場(支店)勤務となり、取引先開拓で訪問したのが木屋芳友園。そこで頂いた初代社長(芳友さん)ご夫妻の今までに飲んだことのない美味しい一杯のお茶と素朴な温かいおもてなしに感激し、そこから私と二代目社長(宏さん)夫妻との交流が始まりました。
      昨年夏、著者からいただいた本書を読み、中学を卒業して父母と八人兄弟の大家族を支えてくれた実兄と重なり全身にビビッと電流が走りました。本書には、「商いの心(商いの原点)」があり、仕事をしていく上で、中小企業を経営をしていく上で大変参考になるもの思います。(2021.7.14)
      木屋芳友園について詳しくお知りになりたい方はこちら
      八十年 わが人生 茶商一筋まっしぐら

      【通常価格】1,000円(送料込・税込)
      ※2冊以上購入の場合は送料無料

      ご購入はこちら
    • 創立50周年記念誌 
      温故知新 人生100年時代の道しるべ

      【発行者】福岡可愛山同窓会 【編集者】50周年記念誌編集委員 【印刷所】㈱インテックス福岡

      この記念誌は単なる同窓会の記念誌ではなく、記念式典の模様や福岡可愛山同窓会の50年のあゆみ、故郷の自然や文化の紹介の他に、「仕事と勉強、部活で自分を磨く~道は自分で切り開く~」「趣味とスポーツ、ボランティアを楽しむ〜明るく元気に~」と題して、それぞれの置かれた場所で懸命に生き抜いてこられた同窓生の皆さんの失敗と成功のナマの体験や知見が赤裸々に語られています。これからの人生100年時代をイキイキ充実した日々にするためのヒントが一杯詰まっている本です。
      この記念誌は地元新聞でも紹介され、同窓生のみならず多方面から反響も寄せられており、高校生・大学生・社会人、老若男女・世代を問わず、多くの皆さんにおススメです。

      19さんの記念誌に寄せる想い
      福岡可愛山同窓会は、「母校を支援し、母校と連携しながら、互いに成長できる拠り所となる同窓会づくりに取り組もう」と鹿児島県立川内高等学校の福岡県在住者が設立した組織で、平成30年に創立50周年を迎えました。
      当時会長だった私は、「人生100年時代を迎え、価値観や生活様式や働き方が大きく変っていく社会にあって、同窓生や後輩たちが、同窓の絆を更に深め、多様で柔軟な生き方をするための参考になるような記念誌」を作りたい…と編集委員の皆さんといろいろ工夫を凝らし、手作りで企画・編集したのがこの記念誌です。「同窓会組織の在り方」や「記念誌の編纂」などでお悩みの同窓会事務局の皆さんの参考にもなるのではないでしょうか。(2021.7.11)
      創立50周年記念誌 温故知新 人生100年時代の道しるべ

      【通常価格】1,000円(送料込・税込)
      ※2冊以上購入の場合は送料無料

      ご購入はこちら