HOSJAS企画合同会社

福岡可愛山同窓会

HOSJAS
  • 福岡可愛山同窓会

    福岡可愛山同窓会長 新留育郎 ご挨拶

    会員の皆さん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。 福岡可愛山同窓会では、創立50周年事業の一環として、同窓の輪を更に拡げ、お互いの絆を深める目的でこのホームページ(HP)を開設しました。このHPには、①会の活動報告と行事予定 ②会員の活動紹介や寄稿文 ③川内高校と可愛山同窓会本部の最新情報等を掲載します。パソコンやスマホからいつでも閲覧でき、又、川内高校や可愛山同窓会本部のHPにもリンク(接続)して情報の共有化を図っています。

    「趣味、スポーツ・文化活動、お仕事等の情報を共有し、お互いに協力し助け合いながら共に成長できたらいいな」「人生100年時代を元気にイキイキと楽しく生きていくために、会員の拠り所となるような福岡可愛山同窓会にしていけたらいいな」と思います。このHPを情報交換の場としてどしどし活用してください。会員の皆さんのご支援ご協力を宜しくお願いします。(平成30年7月1日記)

    福岡可愛山同窓会役員(2018.7.1~2020.7.5)
    会 長 新留  育郎 高17 昭40
    副会長 寺地  明子 高18 昭41
    副会長 井上   哲 高20 昭43
    代表幹事 牧田   隆 高20 昭43
    副代表幹事 寺脇  之博 高34 昭57
    副代表幹事 羽子田 政則 高41 平 1
    幹 事 紙屋 まり子 高24 昭47
    幹 事 影山  裕樹 高31 昭54
    幹 事 田中 慎太郎 高40 昭63
    幹 事 平山  美穂 高42 平 2
    幹 事 大山 健一郎 高47 平 7
    会計監事 圓林  龍二 高17 昭40
    会計監事 田中  耕二 高21 昭44
    代表顧問  福留  久大 高12 昭35
    顧 問 香月  揚子 高11 昭34
    顧 問 泰平  尚信 高13 昭36
    顧 問 西谷  和武 高14 昭37
    顧 問 上西  治志 高17 昭40

    右端欄は卒業年度

    温故知新 人生100年時代の道しるべ福岡可愛山同窓会「創立50周年記念誌」好評発売中!

    この記念誌は単なる同窓会の記念誌ではなく、記念式典の模様や会の50年のあゆみ、故郷の自然や文化の紹介の他に、「仕事と勉強、部活で自分を磨く~道は自分で切り開く~」「趣味とスポーツ、ボランティアを楽しむ〜明るく元気に~」と題して、各界でこの50年を強く逞しく懸命に生き抜いてこられた同窓生の失敗と成功のナマの体験とそこから学ばれた豊富な知見が熱く語られています。「人生100年時代を生きる道しるべ」として南日本新聞でも紹介され、大変参考になったと同窓生のみならず多方面から嬉しい声が寄せられています。高校生・大学生・現役社会人、熟年世代の皆さまがイキイキ充実した日々を過ごすヒントが一杯詰まっている本です。ご一読頂ければ嬉しいです。
    詳しくは→鹿児島山口福岡応援団
    ■A4/102ページ(20ページカラー) ■1冊 1,000円(送料/手数料/消費税込)

    ご注文・お問合せはこちら
    ※ご注文の場合は、相談内容欄にご希望冊数と送り先をご記入ください(代金は郵便振込みで)

    写真ギャラリー
    はかりきれない先輩方の思い
    福岡可愛山同窓会代表幹事 牧田隆(高20期)

    代表幹事を引き受けて二年目での大仕事でした。最初はどのような構成にするかイメージできずに悩みましたが、新留会長が手際よく大まかな構成を作って提案してくれたので、後はしっかりまとめ、各人の役割などお願いしました。とにかく多くの人に参加してもらい楽しんでもらうことが大切と考えました。メインのアトラクションについては、いくつかの案がありましたが、NHK大河ドラマ「西郷どん」が話題になっており西郷隆盛のテーマでどうだろうという話もあり、思いついたのが筑前琵琶奏者の寺田蝶美さんに弾き語りしてもらう事でした。これは大ウケで、定番の「平家物語」の祇園精舎の一節もおまけに吟じてもらいました。祝賀会では山口図南美さん(川高11期)に祝舞いを披露して頂き、乾杯の音頭は昨年の川内高校創立120周年記念事業を実行委員長として尽力され成功に導かれた可愛山同窓会本部の橋口知章副会長にお願いしました。

    さて当日は、総会、式典、講演(アトラクション)と順調に進み、祝賀会も飲んで語って盛り上がっている中で、周りの人にも伏せていたサプライズ! 新留会長にステージに上がって椅子に座ってもらい、会長のこれまでの同窓会活動のご努力に感謝する和歌二首を福留名誉会長に作ってもらってそれを私と寺脇氏(副代表幹事)と井上哲氏(幹事)で仕上げた和歌を、寺田蝶美師範に吟じながら筑前琵琶で演奏していただきました。椅子に座った何も知らない会長の驚きから感動の表情が今でも思い出され、ニヤニヤしてしまう私です。

    大先輩方も飛び入りで元気にかくし芸を披露され、祝賀会に花を添えて下さいました。最長老の濵田秀逸氏(川中46期)の郷愁を誘う懐かしいハーモニカの音色、下大迫二徳氏(川中47期)の格調高く気迫溢れる剣舞、岩下勉氏(川高11期)の優雅で厳かな日舞に魅了され大喝采でした。福引きや100円を片手にじゃんけんでゲットする余興もあり大いに盛り上がりました。又、川内高校から稲本先生(川高42期)と元事務長で可愛山同窓会の事務局長としても尽力された久保森廣氏(川高17期)、熊本・東京の同窓会からも代表の方々が駆けつけて近況報告等をしてくださり、可愛山同窓会の連携と絆の強さを感じさせられました。最後は、上西副会長の閉式の言葉で楽しい五十周年の結びとなりました。

    五十年という長い歴史を紡いできた福岡可愛山同窓会。先輩方のご苦労や同窓、母校への思いはどれほど強かったのでしょうか、私にははかりきれない程の思いがあったと感じている今日この頃です。それではここから、当日の模様をスナップ写真でご紹介します。

    福岡可愛山同窓会のお問合せ窓口

    ご相談お問合せフォームまで

    連絡先 
    ■事務局(新留代表顧問)
     メール fuku-enoyama@hosjas.com
        
    ■牧田会長       
     メール makita@yukieng.co.jp
        
    ■影山代表幹事     
     メール kageyama2335@ezweb.ne.jp